読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活時に50社落ちたIT企業採用担当者が、エンジニアを目指す就活生に伝えたい事

新卒の就活時に50社連続で落ちて、人間を辞めようかと思った経験から、 エンジニアを目指す就活生を応援するブログを書いています

就活時に50社落ちたIT企業採用担当者が、エンジニアを目指す就活生に伝えたい事

ラノベくらい長いブログタイトルですみません。
人生で初めてブログ書きます。
it50renpaiと申します。

タイトルにもある通り、新卒の就活時に50社連続で落ちて、
人間を辞めようかと思った時もありました。
そんな私が何の因縁か、今年からwebエンジニアの立場から
就活生にお話しする事になりました。

これからエンジニアを目指す就活生には、
人間辞めて欲しくない。
そんな思いから、就活生を応援するブログを書いて行きたいと思っています。

第1回は自己紹介です。

it50renpaiは1990生まれ、4年目のwebエンジニアです。
ニッコマの文系出身で、度重なる死線をくぐりぬけ、
現在はコンシュマー向けwebサービスの保守開発を
2社受け持っています。
昨年、パパになりました。

13卒の就活時、悪夢の50連敗

タイトルにもある通り、50連敗しました。
説明会参加も合わせると80社くらい受けと記憶しています。

30社目くらいで面接中に帰れと言われました。 やる気を試されてるのかと思って粘りましたが、まじでいらついていたらしく、 大変な修羅場になりました。

40社目くらいに受けたN●●子会社の最終面接で落ちた際、
当時の彼女から別れを告げられました。

自分は社会的な価値が無いのではと思い、
人間辞めようと考えました。

紙一重の所で、持ち直し、就活のスタイルを変えました。

50社目の会社は1次面談が急遽、役員面談になりました。
内定を頂いたが、詳しく調べると労使紛争中の会社でした。
これが噂の神は死んだ現象かと悟りました。

そしてようやく、55社目くらいで、
今働いている30人くらいのベンチャーに内定を頂きました。
10ヵ月間の長い長い就活でした。

想定購読者は中小・ベンチャーのエンジニアを目指す人

私が就活で手応えを感じる様になり、
内定が出始めたのは中小・ベンチャーのwebエンジニアです。

それまでは、大手SIerや製造業系のSEを受けていましたが、結果は上記の通り。

また、採用基準やどんなマインドやスキルを持った人を、
取ろうとしているかの話を聞けるのは、自分の会社と
お客様である気鋭のベンチャーくらい。

最王手のSIerの支援業務に行ったことはあるけど、社会人1年目の2ヵ月間だけです。
オフィスがきれいだったくらいしか分かってないです。

採用基準は分からないけど、雰囲気が分かるのもあるので、簡単な略歴書きます。

実務経験略歴(時系列)

大体で

  • 中規模Sierデスマーチ案件でお手伝い(支援) 3ヵ月
  • 最王手のSIersの見学(支援) 2ヵ月
  • 金融会社の資料検索システムのプログラミング(支援) 2ヵ月
  • 金融アプリのテスター(支援) 2ヵ月
  • バイル会社のサーバー監視(支援) 5ヵ月
  • バイル会社のデータ運用(支援) 6ヵ月
  • コンシュマー向けwebサービスの保守開発(受託業務) 1年4ヵ月

こんな感じです。

エンジニアをちょっぴり考えている就活生も見てほしい

エンジニアは世界の裏側見てるみたいで楽しいよ!
これからAIが様々な仕事を奪うけど、エンジニアは不滅だよ!
IT業界は自宅からリモート作業が当たり前の時代になるよ
(奥さんや子どもが体調崩したら、そばにいてあげよう)

興味あるけど、プログラムはハードルが高いと思う人に送る言葉。
(誰の言葉かしらないけど)

「高い壁は乗り超えた時、あなたを守る砦となる」

そんじゃ第1回は以上。 be a engineer!