読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活時に50社落ちたIT企業採用担当者が、エンジニアを目指す就活生に伝えたい事

新卒の就活時に50社連続で落ちて、人間を辞めようかと思った経験から、 エンジニアを目指す就活生を応援するブログを書いています

就活生はこの動画を見て、エンジニア職を選択肢入れよう

it50renpaiです。
まずは以下のブログできゅうり仕分けマシンの動画と説明を見て欲しい。

噂の「TensorFlowでキュウリの仕分けを行うマシン」がMFT2016に展示されていたので実物を見てきた - データの境界

きゅうり仕分けマシンの動画から感じて欲しい事

ずばり、「プログラミングは仕事では無く、スキルの1つになる」ということ。

ブログの説明によると、きゅうり農家さんは、
機械学習」を使ってきゅうりの画像から
きゅうりの品質を判断するプログラムを作ったみたい。

現在、IT業界ではAI、機械学習ディープラーニングが勃興しているが、
それらの技術はいずれ敷居が下がって、
多くの人が操れるようになる。

そうすると、AI、機械学習のプログラミングは、
プログラミング自体が仕事ではなく、
スキルの1つになっていく。
(きゅうり農業のための手段となった様に。)

君は10年後、AIを扱う側にいるか、AIと競争をしているか

どこかで見たけど、現在する80パーセントの職はAIに置き換え可能とか。

長い人生で何をやるにしても、どうやらプログラミングは役立ちそう。
プログラミングを学ぶために、新卒でエンジニアをやってみのは、悪くない考えだと思うよ。

….段飛ばしの極論ですみません。
プログラミングの面白さを伝えたいだけなんだよ…

第7回は以上!
be an engineer!